テービーテックのデータサイエンス

未経験リケジョがゼロからデータサイエンティストを目指す姿を記す奮闘記です。2019/12/05文系出身者が共同で更新を開始

TAG index

▲本日の関数==set()==

f:id:TBT_matsu:20200402152259p:plain

本日の関数:set()

こんにちは。
テービーテックの村松です。

本日ご紹介する関数は「set()」。
※※これまでご紹介した関数はこちら※※

どんな関数?

組み込み関数。
指定した引数から重複しない要素をset型として生成できます。
引数としてリストやタプルを渡します。

使ってみよう

input
l = [1, 2, 2, 3, 4, 5, 6, 6, 3, 1]
コード
set_l = set(l)
set_l 

##結果
{1, 2, 3, 4, 5, 6}

重複しない要素が取り出せました。
今回は綺麗に順番通りならんでいるように見えますが、
元のリストの順序は保持されないようです。

ちなみに、引数として渡すリストの中身は色々混ざっていてもOK。
試しにint、float、str、tupleを入れてみます。

#input
l2 = [1, 2, 2.00, 'さん', (1, 5, 3), 'さん']

#setの生成
set_l2 = set(l2)
set_l2

##結果
{(1, 5, 3), 1, 2, 'さん'}

intとfloatで違っても同じ数量だと同じものとして判定されます。

もっと詳しく!

ドキュメントへ!!