テービーテックのデータサイエンス

未経験リケジョがゼロからデータサイエンティストを目指す姿を記す奮闘記です

TAG index

Kaggleに挑戦しよう! ~概要~

f:id:tbtech:20190405151803j:plain

Kaggle(カグル)とは?

https://www.kaggle.com/

・世界中のデータサイエンスに携わる人が集うコミュニティーサイト

・企業や政府などの組織から提供された課題の最も精度の高い

 モデルを作って競い合う(コンペ)。優秀なモデルには賞金がもらえる

・コンペ以外にもデータセットが数多く提供されているので機械学習の練習ができる

・他のユーザーのコードを閲覧でき、質問や意見を交わすことができる

 

賞金の金額は平均 約500万円ほどで最高で約1.6億円だそうです!!

モチベーションが上がりますね~~

英語で書かれているサイトなのでブラウザの翻訳機能を使うことをおススメします。

ただし、上手く翻訳されない部分もあるので内容を十分に把握するためには

自分で英文を読み解くことも必要になります!

Kaggleコンテンツ

早速Kaggleに参加するために、まずはアカウントを作成しましょう。

アカウントを作成しログインをすると下のようなホーム画面が開きます。

f:id:tbtech:20190404163532j:plain

①メニュー

コンペティション・・・現在開催しているコンペと終了したコンペが表示される

           過去のコンペにも投稿できてスコアを知ることができる

データセット・・・コンペではない課題とそのデータが表示される

         練習問題として使うことができる

カーネル・・・他のユーザーが投稿した最新のコードが表示される

       そのコードを見てコメントをすることができる

討論・・・コンペやデータセットにある課題について討論する場が表示される

学ぶ・・・下のようなコースを選び学習をすることができる

     お手本のコードがたくさんあり、それを実行しながら学んでいく

f:id:tbtech:20190405115411j:plain

②マイプロフィール

 プロフィールを設定すると表示される

 多くの項目を埋めるとランクアップにつながる

  *ランクについては後述します

③ニュースフィード

 他のユーザーの活動の最新情報が表示される

 気になるユーザーをフォローすると相手の活動がわかりやすい

 

Kaggleでの称号

Kaggleでは様々な活動をして条件を満たしていくとランクが上がり称号がもらえます。

ランクアップの条件等は公式サイトからご覧になれます。

https://www.kaggle.com/progression

ランクは5つに分かれており

初心者寄稿者エキスパートマスターグランドマスターになります。

さらにコンペティション、カーネル、ディスカッションの3部門で

それぞれ称号が与えられます。

 3部門のうち最も高いランクの初号がマイプロフィールに表示されます。

f:id:tbtech:20190405132326j:plain

グランドマスターって名前がかっこいい!

いつかはグランドマスターになってみたいですね(((o(*゚▽゚*)o)))

 

次回はいよいよコンペの参加方法をご紹介したいと思います。

めざせ!グランドマスター!